Profile

Join date: Sep 18, 2022

About

【ローズS2022】予想・分析。回収率約180%の好走データ該当馬を公開


【サイン馬券・ローズS】10年前と状況が酷似!「ジェンティルドンナ」で勝利のガッツポーズだ






2022年9月18日、中京競馬場でローズステークス(GⅡ/芝2000m)が行われるアートハウス、サリエラ、セントカメリア、パーソナルハイ、ラリュエルが秋華賞(GⅠ)優先出走権をかけ登録。今回は予想・分析の結果から好走データに該当する馬を導き出していく。



ローズステークス2022


[GⅡローズステークス=2022年9月18日(日曜)3歳牝、中京・芝2000メートル、秋華賞トライアル]



 今週のJRA開催は土日月の3日間開催。平地重賞は日、月と2つ組まれており、日曜(18日)には中京でGⅡローズSが行われる。



【ローズS2022】予想・分析。好走率44%、複勝回収率244%の条件とは?



好走条件に該当する有力馬はどの馬なのか。人気がないながら好走条件に該当している注目馬とは?



■好走条件①:人気


ローズSは過去10年で1番人気の成績が(4-1-1-4)と、極端に悪いわけではない。ただ、それ以下の人気ではどこでも絡んでおり、2014年の2着馬タガノエトワールは15番人気、昨年2着馬エイシンヒテンは12番人気と、かなりの人気薄だった。



2020年は二桁人気馬が2、3着に入っているように、人気に逆行して好走する馬が多いレースのようだ。極端な人気薄でも好走するレースなので、人気はあまり気にしない方が良いだろう。



■好走条件②:枠順


阪神開催も含めた、過去10年のローズSでは、枠順での大きな有利不利は見られない。ただ、これを中京開催のここ2年に絞ると、1枠と6枠で勝ち馬が1頭ずつ出ている。また、7枠は2年連続で馬券になっており、このあたりが有利な枠と考える。



好走条件に合致しているのは……



セントカメリア


エグランタイン


マイシンフォニー


ヴァンルーラー


ヒヅルジョウ



 レース名にある「ローズ」は言わずと知れたバラを表す英語。JRAには、花そのもの、あるいはそれに関連したものの名前が付いた重賞はほかにも複数あり、数えると現在8つ。チューリップ賞、フラワーC、桜花賞、フローラS、紫苑S、ローズS、秋華賞、菊花賞。菊花賞を除き牝馬限定レースだ。



 花=女性というくくりの命名が今後も通用し続けるかは別として、古くから牝馬にまつわる馬名、レース名は花由来のものが多い。馬名でいえば近年のGⅠ馬でもリスグラシュー(優美な百合)、ラッキーライラック(ライラック)などがあり、少しさかのぼればファレノプシス(胡蝶蘭)もそうだ。



 それでは前記7つの牝馬限定重賞と花由来の馬名はリンクしているのか? それぞれ過去3年分の優勝馬をチェックしてみると…全21サンプル中該当するのはただ1頭。3月のフラワーCと先週の紫苑Sを制したスタニングローズ(魅力的な薔薇)だけだった。



 近年は競走馬の命名素材の幅が広がっているのが大きな要因と思われるが、やはり花=牝馬を連想する感覚は古いということか。



 それならば、〝今年だけ〟の特別な手がかりを採用させていただこう。ローズS翌日の19日には、12年の牝馬3冠を達成し、16年に顕彰馬に選定されたジェンティルドンナカップが開催される。同馬は12年のローズS覇者でもあるのだ。



 当時の結果を改めて確認すると、ジェンティルドンナを含め4頭出走したディープインパクト産駒が1~4着と上位を独占していた。くしくも、今年のローズSにも同じディープインパクト産駒が4頭出走。素直にこの4頭に乗るべきだろう。とはいえ、さすがに4着まで独占するほど世の中は甘くはない…はず。ここは4番パーソナルハイ、5番ラリュエル、6番サリエラ、10番マイシンフォニーのディープ産駒4頭の馬連ボックスで手堅く的中を目指したい。




■好走条件③:前走着差


中京開催のここ2年、前走をコンマ2差以内の僅差で勝った馬が好走していた。また、負けてもコンマ3差のレースだった馬が、僅差で勝った馬と合わせて6頭中5頭馬券圏内に入っていた。



好走条件に合致しているのは……



セントカメリア


ブルトンクール


ミナモトフェイス


ラリュエル


サリエラ


メモリーレゾン


ヴァンルーラー


ルージュリナージュ



■予想・分析まとめ:好走条件データ該当馬は?


いくつかの好走条件があった中ですべての項目に該当する可能性があるのが以下の馬たちだ。



セントカメリア


ヴァンルーラー



馬券に絡んでくる期待値の高い馬と言えそうだ。なおすべての好走条件に合致していなかったとしても好走への道が絶たれるわけではない。



また、雨予報のため、種牡馬については触れなかったが、中京開催のここ2年ではディープインパクトの血の入っている馬が馬券圏内を独占している。仮に予報が外れて良馬場で行われるような場合は、ディープインパクトの血の入っている馬にも注目した方が良さそうだ。

【ライブ@ローズステークス】ローズステークス2022 ライブ無料放送 2022年9月18日

More actions